15代

梅ヶ谷 藤太郎(初代)

所属部屋 雷部屋
本名 小江藤太郎
生年月日 弘化2年2月9日

出身地

福岡県朝倉市把木志波梅ヶ谷

四股名改変  
所属部屋改変 大坂・湊→玉垣→梅ヶ谷→雷
初土俵 元治元年6月中相撲・大坂→明治4年3月場所二段目付
新入幕 明治 7年12月場所
大関昇進 明治12年 1月場所
横綱昇進 明治17年2月
最終場所 明治18年5月場所
幕内在位 22場所
幕内通算 116勝6敗18分2預78休
勝率 0.951
優勝 9回
身長 176cm
体重 120kg
得意手 筈押し、突っ張り、左四つ、寄り
年寄名 雷→廃業
没年月日 昭和3年6月15日
 幕内では通算6敗という明治維新の大力士である。引退後は取締として旧両国国技館建設に尽力、大雷と称される。
 文久2年(1862)暮れに大坂湊部屋に入門。大関まで上り詰めた大坂相撲8年間9場所でわずか4敗は立派。明治3年暮れに東京相撲に加入し玉垣に加わる。
 明治12年春に大関昇進。17年3月に芝・浜離宮内延遼館で天覧相撲が行われるのに際し横綱を推挙されるも「貧乏で化粧回しも紋服もないから」と断ろうとしたが、伊藤博文が金銭を調達して事なきを得た。横綱としては1年と短命。右上手、左ハズで寄る堅実な取り口だった。

歴代横綱一覧へ戻る