4代

谷嵐 梶之助

所属部屋

伊勢ノ海部屋

本名 金子与四郎
生年月日 寛延3年8月8日

出身地

宮城県仙台市若林区霞目

四股名改変  
所属部屋改変 関ノ戸→伊勢ノ海
初土俵 明和6年4月大関付出
大関昇進 明和6年4月場所
横綱昇進 寛政元年11月
最終場所 寛政6年11月場所
幕内在位 49場所
幕内通算 254勝14敗16分16預5無106休

勝率

0.949

優勝

21回

身長 188cm
体重 160kg
得意手 寄り
没年月日 寛政7年1月9日(現役中)
 かっぷくのいい体に丸く大きな顔、北の湖を思わすものであった。この体を生かし、明和6年(1669)春に関ノ戸の弟子として達ヶ関の名で大関付け出しでデビュー。「力量万人にすぐれ、別して相撲の達人にて、腰低く寄る足至って遠く、実に力士の階級なり……まれに一番勝つ者も、再び向かう時は片手をもって押し出さる」とあって、5年間に63連勝を記録。後にインフルエンザで現役中に没す。

歴代横綱一覧へ戻る