貴ノ浪 貞博

所属部屋

二子山部屋

本名 浪岡貞博
生年月日 昭和46年10月27日

出身地

青森県三沢市淋代

四股名改変 浪岡→貴ノ浪
所属部屋改変 藤島→二子山→貴乃花
初土俵 昭和62年3月場所
十両昇進 平成3年3月場所
新入幕 平成3年11月場所
大関昇進 平成6年3月場所→平成12年1月場所関脇へ陥落→平成12年3月場所大関へ復帰→平成12年7月場所関脇へ陥落
最終場所 平成16年5月場所
幕内在位 76場所
幕内通算 647勝473敗8休
勝率 0.578
優勝 2回
三賞 敢闘賞3回
身長 197cm
体重 169kg
得意手 左四つ、寄り、上手投げ、河津掛け
年寄名 音羽山
没年月日 平成27年6月20日 
 新入幕と大関昇進が武蔵丸(現振分親方)と同時で互いにライバルとして競い合った。幕内での対戦成績は21勝37敗と史上最多の58回を数えた。平成8年初場所の横綱貴乃花との同部屋優勝決定戦では相手の攻めを引き込んでの川津掛けで初優勝、翌年九州場所でも上手投げで破り2度目の優勝と横綱の声もかかったが足首を悪くして1度大関を陥落するも1場所で復帰したが12年名古屋場所で2度目の大関陥落。これで引退を考えるも以後4年間取り続けて14年九州場所では武蔵丸から新入幕以来もっとも遅い67場所目で初金星を獲得、更には25年振りの元大関の三賞となる敢闘賞も獲得。引退後は貴乃花部屋をサポートし後進の指導に当たり、平成27年2月から審判部へ移動となるも引退後は不整脈や心肺停止で入院も一命を取り留めていたが、平成27年6月20日、知人を訪ねて大阪に滞在中にホテルで容体が急変し病院搬送中に43歳という若さで亡くなったのは惜しまれる。。

明治以降大関一覧へ戻る