大相撲こんな事


 歴代大関・横綱が刻まれた東京は富岡八幡宮を訪ねる

 この度本州初進出となった本企画は、歴代大関・横綱の名が刻まれた富岡八幡宮を訪ねました。
 この富岡八幡宮は東京都江東区の地下鉄門前仲町駅の近くにありこの日は元旦なだけに出店が建ち並び初詣客で賑わってました。

富岡八幡宮
 こちらにあるのは入ってすぐのところに大関力士碑というのがあり江戸推進相撲発祥の地として建てられた歴史のあるものです。
大関力士碑
 富岡八幡宮にある大関力士碑とは江戸推進相撲発祥の地として昭和58年に建てられたという比較的新しい碑であります。
大関力士碑
 こちらに建つ大関力士碑は、富岡八幡宮を入ってすぐの所にあります。
巨人力士身長碑
 大関力士碑の裏に建つのは巨人力士身長碑です。裏には大型とも言えた長身力士が刻まれてます。
大関力士碑
 こちらには増位山(現三保ヶ関親方)、琴風(現尾車親方)、若嶋津(現松ヶ根親方)、5代目朝潮(現高砂親方)、北天佑(故人)、小錦(現タレント)、霧島(現陸奥親方)と刻まれてますが平成以降は霧島を最後に刻まれてません。
強豪関脇力士碑
  こちらの強豪関脇力士碑には、大関・横綱キラーの名が刻まれ、その中には力道山の名も刻まれてます。力道山といえば、引退後プロレスへ転向し赤坂のホテルニュージャパンの地下にあったナイトクラブ・ニューラテンゥォーターで刺され病院搬送後死亡しました。
強豪関脇力士碑
 他には、かつて解説でおなじみだった神風正一、出羽錦忠雄、現井筒親方(元関脇逆鉾)・錣山親方(元関脇寺尾)の父親である鶴ヶ嶺昭男(先代井筒親方)、北の洋昇という名も刻まれてます。
力士手足型
  こちらは巨人力士の手足型で左上の手形は大空武左エ門で、熊本県出身の文政10年3月場所新入幕の大型力士です。
大関力士碑
  こちらの碑は江戸時代から明治にかけての大関の名が刻まれてます。
横綱力士碑
 富岡八幡宮は更に奥へ進むと横綱力士碑へとたどり着きます。
横綱力士碑
 かつて分家許さずと言われた出羽ノ海一門友愛之碑など数ある石碑が並びます。
出羽ノ海一門友愛之碑
 出羽ノ海一門友愛之碑であります。出羽ノ海部屋はかつて9人の横綱を輩出し、過去に3人が理事長に就任してます。最近では今から20年前の元横綱佐田ノ山(後に境川へ変更)が理事長へ就任されました。
大関巨人碑は表参道東側
 大関巨人碑への案内もされてます。
超五十連勝力士碑
 超五十連勝力士碑が建てられてます。こちらも歴史に名を残す四股名が刻まれてます。
横綱力士碑
 東京都江東区有形文化財に指定されてます。第十二代横綱・陣幕久五郎の画像が飾られてます。
超五十連勝力士碑
 今だ破られる事のない69連勝を成し遂げた横綱・双葉山の名が刻まれてます。
超五十連勝力士碑
 65連勝を成し遂げた4代横綱・谷風の名も刻まれてます。
横綱力士碑
 明治26年3月に建てられた横綱力士像です。
横綱力士碑
 第67代・武蔵丸(現武蔵川親方)、68代・朝青龍、69代・白鵬までが刻まれてます。
横綱力士碑
 こちらには62代・大乃国(現芝田山親方)、63代・旭富士(現伊勢ヶ濱親方)、64代・曙、65代・貴乃花(現親方)、66代・3代目若乃花まで刻まれてます。
横綱力士碑
  こちらの全体を見ますと、第46代・4代目朝潮太郎、47代・柏戸、48代・大鵬と一時代を築いた名が刻まれてます。
横綱力士碑
 この裏側は何も刻まれてませんが、これから横綱誕生と共に刻まれるのを前提としてるものと思われます。
 このように富岡八幡宮を見ますと、歴史ある大相撲の世界の大関・横綱が刻まれ歴史に名を残してるのがわかります。
 この日は元旦なだけに初詣客で行列を成す賑わいでした。最寄駅は地下鉄東西線の門前仲町駅で、横綱誕生時は式典も行われ横綱土俵入りも見れるそうです。
取材日 2013年1月1日
FACEBOOK 明治以降大関一覧 
mixi足あとボード
歴代横綱一覧
大相撲掲示板


大相撲こんな事トップへ戻る