大相撲こんな事


19年振りに日本人横綱が刻印された東京は富岡八幡宮を再訪 

 今回は横綱3代目若乃花以来19年振りに日本人横綱・稀勢の里が刻印された富岡八幡宮へ2年振りに再訪しました。
富岡八幡宮
 例年は元日に訪れてましたが、昨年より東京滞在のスタイルの変更から大晦日の訪問となりました。以前は参拝客やら出店で賑わいを見せてましたが、大晦日とあって初詣の出店の準備やらに追われ、人通りはほとんどありませんでした。
伊能忠敬銅像
 こちらは伊能忠敬の銅像で、当時は深川界隈に住んでおり、江戸時代の測量家として、測量へ出かける際は安全を祈願して必ず参拝してたことから平成13年に銅像が建立されました。
伊能忠敬とは
 また、こちらには伊能忠敬銅像について説明されており、平成13年10月に建立されたそうです。江戸時代からの歴史が語られるのは東京ならではでしょう。
歴代大関刻印
 こちらは歴代の大関が刻印され、琴欧洲(現鳴戸親方)まで刻印されてます。
富岡宮司寿像
 戦後復興の富岡八幡宮再建に貢献された富岡宮司寿像がありました。
弁天池
 更に奥へ入ると弁天池があり、横綱力士碑の手前にあり、古風な歴史が伝わります。
昭和天皇記念碑
 こちらは昭和天皇が昭和20年3月18日に被災地東京の悲惨さを思い建てられたそうです。
歴代横綱力士碑
 こちらは横綱力士碑です。明治33年に第12代横綱・陣幕久五郎が建てたもので明治24年から9年という歳月をかけて作られ、明治33年11月21日に除幕式が行われました。
 初代横綱・明石志賀之助から代々刻印され、平成5年に曙が史上初の外国人横綱となると初めて外人が刻印されました。

横綱力士碑
 横綱力士碑について、江東区有形文化財とされており、江戸時代最後の横綱であった陣幕久五郎が中心になり建てられたのが語られてます。
歴代横綱刻印
 当時の中曾根首相が協賛され、3代目若乃花まで刻印されてます。こちらには史上初めて外国人横綱となった曙が刻印されてます。
歴代横綱刻印
 3代目若乃花を最後に、モンゴル出身力士が相次いで刻印され、ウィンブルドン現象と言われた大相撲は20年近くもの間、日本人横綱の誕生がなく外国人ばかりが刻印されてましたが、今か今かと待ちながら、平成29年初場所に稀勢の里が初優勝を果たし、場所後に横綱へ昇進、待ちに待った19年振りの日本人横綱が誕生しました。
 その奉納土俵入りが平成29年6月9日に行われ、3000人ものファンが集まりました。そして横綱力士碑に稀勢の里の名が刻印されました。

秀光
 秀光の碑とされてるそうですが、富岡八幡宮の歴史を伝えるものと思われます。
八幡橋
 富岡八幡宮の出口と言ってもいいと思いますが、こちらは、八幡橋で、旧弾正橋ともいわれ昭和4年に移設され、当初は明治11年に京橋にあったそうです。そして昭和52年に国の重要文化財に指定されてます。
八幡橋
 このように19年振りに日本出身の横綱・稀勢の里が誕生し、新時代の到来を感じさせました。それまでは横綱白鵬が相次いで記録を破るも白鵬の連勝記録を63で止めたのも当時平幕の稀勢の里でした。これは白鵬の独走に稀勢の里に足を引っかけられるような形で連勝を阻止したと思わせる記憶に新しい瞬間です。モンゴル黄金時代の終焉が近づいているように感じさせますが、また新たな時代を築くという期待でしょう。

取材日 平成29年12月31日
FACEBOOK 明治以降大関一覧  
mixi足あとボード 歴代横綱一覧 
大相撲掲示板 稀勢の里 寛 
mixiチェック


大相撲こんな事トップへ戻る