大相撲こんな事


大相撲の歴史を誇る東京両国は野見宿禰神社を訪ねる 

 大相撲の宝庫両国へと参りました。両国といえば国技館、その大相撲の歴史が刻まれたところへと足を運びました。
両国駅
 かつてここに高砂部屋があったという野見宿禰神社へ参りました。こちらは明治18年に角界の風雲児と言われた高砂浦五郎がここに神社を祀ったのが始まりと言われてます。
野見宿禰神社
 野見宿禰神社には本場所前に相撲協会の神事が行われ横綱土俵入りも行われます。
野見宿禰神社
 私が訪れた時間は夕方で既に閉門となってましたがこちらの野見宿禰神社の石柱の石垣には名を残した力士や相撲協会関係者の名前が刻まれてます。
大日本相撲協会
 入口には日本相撲協会の前進、大日本相撲協会と刻まれてます。その大日本相撲協会とは大正14年12月9日に時事通信社が当時の東京大相撲協会から大日本相撲協会への組織替えと報道され当時の正式名は東京大角力協会でした。
 同年12月28日には大日本相撲協会が許可されその後大阪相撲協会と合併、昭和41年4月に財団法人日本相撲協会と改称され現在に至ってます。 

歴代横綱石碑
 昭和27年11月に完成した歴代横綱の石碑です。第46代・朝潮太郎まで刻まれてます。現在までの歴代横綱の石碑も置かれ現役力士は赤く塗られてるそうです。
伊勢ヶ濱勘太夫
  伊勢ヶ濱勘太夫は元関脇・清瀬川、明治44年2月場所初土俵、大正6年1月場所新十両、大正6年5月場所新入幕で昭和4年10月場所に引退後は伊勢ヶ濱を襲名し後に協会取締役となり照国、若瀬川らの名力士を育てました。
立浪彌右衞門
  立浪彌右衞門は元小結・緑嶋、京都相撲から明治31年1月場所幕下付出し、明治34年5月場所新十両、明治35年5月場所新入幕、大正4年5月場所引退後は立浪を襲名し横綱双葉山、羽黒山を育てました。
春日野剛史
 春日野剛史は第27代横綱栃木山守也、小兵で筋肉質、序の口からのスピード出世で初土俵から8場所で入幕、当時は4年での入幕となり、横綱太刀山の連勝を56で止め、大正7年夏場所に横綱昇進、9回の優勝を記録し引退後は春日野を襲名し、協会取締を歴任し栃錦を横綱へ育て上げました。
出羽ノ海秀光
  出羽ノ海秀光は第31代横綱常ノ花寛市、明治43年1月場所に初土俵を踏み、大正6年5月場所新入幕、大正9年5月場所に大関、大正13年春場所に横綱へ昇進、上手投げを得意技とし優勝は10回、戦後には理事長を歴任し現在へ至る基礎を築きました。
時津風定次
  時津風定次といえば御存知大横綱双葉山であります。全勝優勝8回、前人未到の69連勝は今だ破られてません。昭和20年11月場所に引退後は、都市より時津風を襲名、後に理事長を歴任、大関豊山らを育てました。
 このように相撲界に貢献した名が刻まれたり長い歴史を持つ大相撲の歴史が多く語られるのがここ両国であります。東京へと行かれましたら是非とも足をお運びください。


取材日 平成25年1月2日(水)
FACEBOOK  明治以降大関一覧
mixi足あとボード
大相撲掲示板 歴代横綱一覧


大相撲こんな事トップへ戻る