大相撲こんな事


 大相撲の歴史を誇る東京両国は野見宿禰神社を再訪 

 大相撲の宝庫といえる両国にある野見宿禰神社へ3年振りに再訪しました。こちらは日本相撲協会により管理され、1884年には初代高砂浦五郎により元津軽家の屋敷跡に創建され、元の建物は東京大空襲によって焼失するも1953年に再建され今に至ってます。
 
野見宿禰神社
 こちらが野見宿禰神社の鳥居です。今回は中へ入ることが来出ました。東京大空襲から戦後に再建されたのを伝えられてます。
野見宿禰神社
 前回は初代・明石志賀之助から第46代・朝潮太郎までの刻印された石碑をアップしましたが、今回は第47代・柏戸から現在に至る横綱が刻印されてます。また、年3回の東京場所時は出雲大社東京分嗣の神職のもと、相撲協会や相撲茶屋関係者などで例祭が執り行われてます。新横綱誕生時は奉納土俵入りが行われます。
野見宿禰神社
 また、こちらは第31代横綱常の花から東西力士会として石碑が奉納されてます。こちらでは27代と刻印されてますが事実上31代となってます。常ノ花といえば史上初の力士出身からの理事長であり引退後は横綱空位となるも蔵前国技館建設に貢献され歴史に名を残してます。
野見宿禰神社
 また、このように寺院も建ち、戦時中は焼失したもの戦後の復興が今に伝わるものです。周囲は相次いでビルやマンションが建つ中で1つ密かに残されたスポットと言えます。
野見宿禰神社
 ここに現在の日本相撲協会があったことを今に伝え横綱奉納土俵入りや東京場所の式典が行われるのも長い大相撲の歴史を我々世代に伝える事が感じられます。
取材日 平成27年12月31日(木)
FACEBOOK 歴代横綱一覧 
mixi足あとボード
大相撲掲示板


大相撲こんな事トップへ戻る