大相撲こんな事


東京赤坂の大関雷電の墓がある報土寺を訪ねる 

 この度の本州進出で、現代なら間違いなく横綱という大関が居ました。それは天明8年7月場所初土俵、寛政2年11月場所初優勝、寛政7年3月に大関昇進となり大関を16年半守った名大関・雷電為右衛門の墓がある赤坂の報土寺を訪ねました。
報土寺
 こちらを訪ねた時間は既に閉まってましたがいくつか採取ができました。この門を入ると雷電為右衛門の墓が奉られておりその歴史が伝わります。
 東京メトロ赤坂駅から歩くこと10分ほど、こちらのあるところは非常に急な坂から分岐点となったところに報土寺はあります。

雷電為右エ門の墓
 雷電為右衛門は明和4年に現在の長野県東御市に生まれ、初土俵から引退までの帰還は21年間と35場所、通算勝ち星は254勝10敗という成績を残してます。その中で現役時代は10番しか負けた事がなくその白星を提供となった力士の1人目は、陣幕嶋之助、そして2人目は梶ヶ濱力右エ門、そして市野上浅右エ門には結う一連敗、鯱和三郎、柏戸宗五郎、春日山鹿右エ門、音羽山峰右エ門、鏡岩濱之助、立神盤右エ門、江戸ヶ崎源弥であります。
 文化8年2月に引退するまで大関としての通算成績は200勝8敗と幕内優勝相当成績28回は大関としては最多で、その次に2代目貴乃花(後に横綱、現親方)、大関止まりの力士では最多からそれに次ぐのは魁皇(現浅香山親方)であり、歴史上最強の大関とされてます。
 その雷電がなぜ横綱へ推挙されなかったか、それは当時雷電を抱えた出雲松江藩主松江冶卿と横綱免許の実権を握る吉田司家を家臣に持つ肥後熊本藩主との間のわだかまりから横綱を断たれたと語られてます。
 現在はその制度は廃止され日本相撲協会そのものが推挙する制度となったためこのようなことは考えられません。

報土寺 築地塀
 このように雷電は報土寺に奉られ、現在その報土寺は港区の文化財として残されてます。これも長年の大相撲の歴史に関わる史跡であり雷電は文化8年2月に引退後松江藩の相撲頭取に任命され、晩年は妻・八重の郷土である千葉県佐倉市で悠々自適と暮らし59歳でこの世を去りました。
 その千葉県佐倉市の浄行寺にも雷電の墓と称されるものがあるそうです。

取材日 平成25年1月1日(火)
FACEBOOK
mixi足あとボード
大相撲掲示板  
 


大相撲こんな事トップへ戻る