大相撲こんな事




両国国技館
 この写真は皆さん誰もが御存知の事と思います。これは今から10年以上前の学生時代に研修旅行でのフリーオプションの時間を利用して行ったものです。確かこの時は知人や友人に会ったり原宿へ行ったりだったのです。その足で両国という街はどんな所なんだろうと思って足を向けてみたのです。
 
確かに学生時代でしてこの日はダイジェストを見たのでしたが両国に着いた時間が丁度全取組が終わって家路への波でした。太鼓が鳴ってまして歩いている人にシャッターをお願いしたのです。お土産を抱えている人たちばかりでした。当時から周りから私が両国へ行った事について「気合入ってるな」なんて発言をもらったのです。当時の上位番付は横綱千代の富士(現九重親方)が引退後、大乃国(現芝田山親方)・旭富士(現安治川親方)・北勝海(現八角親方)と4人の横綱が1年間で一気に引退するという前代未聞の事態でして60年振りの横綱不在の場所となったわけです。その重責を担ったのが当時の大関小錦と霧島(現陸奥親方)でした。小錦は綱取りの場所だったように思います。しかし霧島は途中休場で翌場所は角番となり、結局この場所の優勝は当時関脇の曙が念願の初賜杯となり場所後大関昇進を果たしそれから一気に横綱へと駆け上がるわけです。それに負けじと貴ノ花(現一代年寄貴乃花親方)が大関更には横綱へとライバル曙を追いかけるという戦国時代真っ只中でした。
 
ところで両国の駅を降りた時は周りがほとんどちゃんこ料理店だらけだった記憶が強いです。今は寺尾(現錣山親方)・逆鉾(現井筒親方)のお兄さんが経営するちゃんこ料理店もあるそうです。
 
私自身最後に東京へ行ってから10年以上の時間が過ぎてますが、今度は相撲博物館や両国エリアのちゃんこ料理店や相撲部屋なども回ってみたいなんて思うばかりです。
 因みにこの日の両国国技館前は雨の天候だったのが覚えてます。
大相撲掲示板 フリー投稿サイト


大相撲こんな事トップへ戻る