大相撲こんな事


 怒り金時の異名で名を残した元大関名寄岩の故郷を探る

  今回私は、かつて戦後間もない頃に昭和の大横綱・双葉山とその弟弟子であった横綱羽黒山と立浪三羽烏といわれ、戦前には双葉山の太刀持ちを務めた事もある「怒り金時」の異名で名を残した名大関名寄岩の故郷は、道北の名寄市を訪ねました。
名寄北国資料館へ国道からの交差点
 この故郷名寄市に、名寄岩の資料が置かれた北国資料館へと足を運びました。21年振りにたどり着いた名寄市は思った以上に非常に閑散としてました。これは、かつて名寄から分岐してた深名線と名寄本線の廃止が大きく感じさせるところです。
名寄北国博物館
 国道から踏切を隔てて、北国資料館にたどり着きました。ここにはかつて名寄本線が走ってた跡地であり名寄公園の中に2002年夏にオープンしました。
 この目の前に国鉄名寄本線の跡地の線路が残されキロマキという除雪用の蒸気機関車が残されてます。
大関 名寄岩
 この北国資料館へ入りますと、まず、名寄岩の額がかけられてます。
 昭和7年5月場所新入幕、昭和11年5月場所新十両、昭和12年1月場所新入幕、そして戦時中であった昭和18年1月場所には大関へ昇進し、当時の立浪部屋は横綱双葉山、横綱羽黒山という2横綱1大関という立浪三羽烏と言われるほどの黄金時代へと築かれました。
 大関への道ものちの横綱羽黒山をライバルとしての競い合いからの猛稽古番付争いへの勝ち抜きも伝えられます。
 しかし大関昇進後は3場所で陥落し昭和21年11月場所には再び大関へ返り咲くも今度は病気との戦いとなります。糖尿病、肝臓病、ちくのう、神経痛などが重なり昭和22年11月場所には全休もあったりと3場所連続負け越しで大関を陥落し平幕下位を迷走する中で、昭和25年5月場所には後がない十両陥落の危機となった西14枚目で9勝6敗と奮起し涙の敢闘賞を受賞しました。これは、今に語られる映画へと至ったわけです。

名寄岩の新入幕から引退まで
 こちらは、新入幕から当時の横綱双葉山の土俵入りの露払いや太刀持ちも務め、後に双葉山は独立し戦後に引退、その後の敢闘賞受賞後は関脇まで返り咲き2度目の大関復帰も期待されながら気が付くと40歳まで現役の土俵が続きました。
 また、40歳以上の幕内力士は未だ出てません。
 今では常識となった勝ち名乗りに行う「手刀」は名寄岩が始まりとも語られます。

現役引退後の直筆サイン
 昭和29年9月場所には東9枚目で4勝11敗と大敗し十両陥落を確実とした中で現役を引退、年寄春日山を襲名しました。
 その引退直前には特別表彰を受けました。

現役引退後の直筆サイン
 その後は立浪部屋から独立し春日山部屋を創設し、同時期昭和31年には新国劇で苦闘時代を取り上げた『夕映え名寄』が上映され日活で本人も出演した『涙の敢闘賞』が上映されました。
新入幕から引退までの番付地位
 これは、昭和12年初場所の新入幕以降の番付履歴です。大関昇進までは5年という歳月を費やし、大関昇進後は病気との戦いから陥落し返り咲くも再び陥落となってからの苦しい土俵が伝わるように思います。
春日山襲名後の手形
 引退後、春日山部屋創設後は「春日山道場」とも言われ「砂付けて男を磨く相撲取り」と手形が残されてます。
名寄岩関連の著書
 大関としての功績を語られた書物も多数の出版があったのも伝わるところです。
製菓 名寄岩
 大関としての地位から故郷名寄からも名産品も出されていたのも伺えるところです。
昭和19年夏場所番付
 昭和19年5月場所の番付では、横綱・双葉山、横綱・羽黒山、大関・名寄岩という立浪三羽烏と黄金時代を築かれました。
 当時の西横綱は後の伊勢ヶ浜部屋創設者となる照國でした。照國は優勝経験がなく横綱へ昇進後に初優勝を成し遂げ通算2度の優勝で力士生命を終えた力士で双葉山に対し最大の苦手となったとも語られます。
大関・名寄岩 化粧回し
 これは大関・名寄岩が現役時代に使われていた化粧回しで、他にもいくつかあったと思われますがその一つと思われます。
浴衣
 これは大関が現役時代に使われていた浴衣と泥着と思われます。上のものは「春日山」と書かれるところ引退後に弟子に用いられたとも考えられます。
昭和14年夏場所
 これは昭和14年夏場所の番付で、当時の横綱は、東に双葉山、西に男女ノ川、東張出に武蔵山が存在しました。そして名寄岩は新三役の場所で西関脇でした。また、この場所の名寄岩は10勝5敗でした。
番付表
 この番付の時期は昭和27年頃ですが当時は横綱に羽黒山と照國、後の横綱となる吉葉山は大関、名寄岩は小結となってます。
控え力士用座布団
 これは名寄岩が新入幕以来終始使われたいた座布団で、この自分の四股名が入った座布団は幕内のみ支給され土俵下で待つ際に使われるのは御存知の事です。
名寄岩 双葉山 前田山 男女ノ川 手形
 これは左に名寄岩、そして双葉山、前田山、男女ノ川の現役時代の手形です。
昭和19年秋場所番付
 これは昭和19年秋場所辺りの番付でこの当時は立浪三羽烏としての黄金時代であったと去れてます。
横綱双葉山と大関名寄岩
 当時は東横綱に双葉山、東大関は名寄岩でした。
名寄岩幕内全取組
 昭和12年初場所新入幕から昭和29年秋場所の引退までの名寄岩の全取組結果が残されてます。
2度目の敢闘賞受賞を果たした名寄岩
 大関陥落後に十両陥落寸前での敢闘賞受賞から、昭和27年には2度目の敢闘賞を受賞しました。
名寄市スポーツセンター
 私は、大関名寄岩の銅像がある名寄市スポーツセンターまで参りました。こちらには、名寄岩顕彰像が昭和56年5月29日に建立されました。

名寄市ライオンズクラブ石碑
 こちらの石碑は名寄市ライオンズクラブにより建立された名寄市民憲章です。スポーツセンターの前に建てられてました。
名寄岩銅像
 こちらは、大関名寄岩没後10年となった昭和56年5月29日に建立された名寄岩銅像です。こちらは昭和43年に本人からの寄付金が贈られ、生活困窮者に対する「名寄岩基金」が設置され力士としての偉業を成し遂げるとともに市民のスポーツの一助にと市民の間で顕彰像建立委員会が結成されこのスポーツセンター北側において除幕式が行われました。
名寄市スポーツセンター前の土俵
 こちらは、大関名寄岩銅像の真裏にある土俵です。この日はひっそりと雪がかぶり眠っておりましたが、平成4年には子供相撲大会が行われ名寄岩の伝統を今に伝えようとあらゆる意気込みが伝えられるように思います。
名寄岩略歴
 こちらは、大関名寄岩銅像の土台裏に提示された略歴です。この略歴を見ますと生まれは小樽高島、横綱双葉山、横綱羽黒山と共に立浪三羽烏を築いたのは御存知の事、大関陥落後も懸命な土俵を務めたのが伝えられるところです。
 私にとりましてもスケジュール上ラッキーな事に北国資料館においての情報採取も大きかったように思います。
 名寄市に取りましても当時大関誕生により歴史に残る名大関として名を残したのは大きくあらゆるスポーツに総力を上げているのは大きいように思います。
取材日 平成22年12月29日
平成23年1月2日
明治以降大関一覧 名寄岩 静男
大相撲北海道発
大相撲掲示板 フリー投稿サイト


大相撲こんな事トップへ戻る