大相撲こんな事


 北海道第1号大関太刀光の故郷を探る

 炭鉱都市として栄えた空知の中心都市・岩見沢のとなり街である三笠市は、炭鉱都市として一時代を築きました。
中央バス幾春別行
 その三笠市から、大正時代に北海道出身大関が出たのは御存知のとおりです。
 その元大関太刀光は三笠市は幌内に生まれ育ち炭鉱員の環境でて育ちました。


国鉄幾春別駅跡
 三笠市は、更に奥の集落である幾春別はかつてあった国鉄幌内線の終点で今から23年前に廃止されました。
 廃止後は、北海道中央バスにより運行を継承され岡山経由と萱野経由に2系統に別れてましたが、需要の問題から萱野経由は廃止され三笠市営バスへ継承されましたがこれもわずかな期間で廃止され今度は、札幌ー三笠間の高速みかさ号に振り替えられてます。
 かつて、ここに幾春別駅がありましたが、廃止後は停留所を旧幾春別駅跡地に移転し今に至ってます。

三笠市立博物館
 以前にもこちらで公開いたしました幾春別は、三笠市立博物館へ行ってまいりました。
 こちらは、三笠出身の有名人・著名人の歴史が語られ博物館前には石碑までも残されています。

宮尾可南
 これは、俳人であり初代三笠町長の宮尾可南氏の石碑です。
宮尾可南
 宮尾可南の俳句が石碑として建てられてます。
幾春別の詩
 三笠市は幾春別出身の倉橋ルイ子さんの名曲・幾春別の詩は阿木曜子さんが倉橋ルイ子さんの故郷を想い作詞しました。
幾春別の詩
 名曲・幾春別の詩の石碑をこの故郷に建てられました。
幾春別歌碑
 幾春別の歌碑も建てられてました。
幾春別開基の碑
 幾春別開基となる碑と思われます。
大関・太刀光電右ェ門
 大正13年春場所当時の番付から太刀光は西大関の地位でした。
大正13年番付表
 大正13年春場所当時の番付表です。大関太刀光は西大関でした。当時北海道出身第1号幕内であった三杉磯は西小結でした。
 ここから大相撲道産子黄金時代の幕開けと言えます。

横綱西ノ海嘉治郎
 当時西横綱は三代に渡り横綱として井筒部屋の経営にあたった後の井筒親方となる西ノ海です。横綱在位はわずか5場所でしたが教会取締にも選ばれ貢献しました。
横綱栃木山守也
 そして東横綱は、出羽ノ海部屋の栃木山で、もちろん出身は栃木県で下都賀郡藤岡町で優勝は9回という記録を残し最後は3連覇の直後に引退し年寄春日野を襲名し春日野部屋を立ち上げ横綱栃錦を育てました。
横綱常の花
 当時新横綱であった常の花です。11回の優勝を成し遂げ引退後は年寄藤島を襲名後、出羽ノ海へ変更し理事長として貢献されました。
小結三杉磯
 北海道初の幕内力士としての記念碑的人物です。出身は道南の熊石、現函館市です。太刀光と共に上位キラーに貢献しました。
太刀光
 太刀光は北海道2番目の幕内力士として初の大関となり横綱太刀山の内弟子としての入門でした。
 昭和26年の廃業後、小樽に在住するも病気の為55歳でこの世を去りました。

三笠市営バス 幌内1丁目
 太刀光の生家があったと語られる幌内まで参りました。この路線は、2005年12月北海道中央バスからの移管時はここが終点ではなく幌内中央町という別なところでしたが、移管から半年後幌内中央町が廃止されこの場所が終点となりました。
幌内
 この道を真っ直ぐ行くと橋がありかつての幌内炭鉱へとたどり着きます。
ルピナス
 6月という季節柄ルピナスがあちらこちらで咲いてました。
三笠方面
 三笠方面への道です。まさに何もありません。
廃墟
 幌内1丁目の住宅街へと参りました。この家は廃墟後屋根が破損されてました。炭鉱全盛期からあったものと思われます。
幌内1丁目住宅街
 この通りはかつて炭鉱住宅が建ち並んでたと思われるところです。大関太刀光の生家はこの辺にあったと思われますが約1世紀も前の話なので跡形すらないと語られてます。
長屋
 道を少し歩くと、このような長屋にたどり着きました。現在はどうか不明ですが空家も目立ってます。
廃墟の長屋
 この長屋は窓に板が付けられ廃墟されたものと思われます。さすがに炭鉱閉山から約30年以上の月日で住民が去っていった象徴に思います。
 かつて、炭鉱全盛期は住民らで賑わっていたのを思わせるものです。

ルピナス
 炭鉱へ向かう道にまた、ルピナスが咲いてました。
幌内線跡地
 これは、かつて炭鉱全盛期に炭鉱から石炭を運ぶ為の鉄道の線路跡地です。これは、かつてあった幌内駅へ向かう道です。
 当時の石炭輸送に貢献した証が語られるように思います。

幌内炭鉱方面
 これは、幌内炭鉱へ向かう線路の跡地です。この先に幌内炭鉱はあったと思われます。
 太刀光はここで育ち、父親はこの地の炭鉱で働いたのを感じさせるように思います。
 当時石炭は生活の基盤とされてました。

幌内炭鉱への道
 この橋を渡ると幌内炭鉱へたどり着くものと思われます。かつてここは炭鉱全盛期には非常に賑わいを見せていたように思いますが現在は過疎地といってもおかしくないところです。
 ここからはずり山も見る事が出来ました。
 また、三笠市そのものも文化人の輩出が多く活性化に前向きさが伝わるように思います。
取材日 2010年6月19日
大相撲北海道発 太刀光伝右エ門 
明治以降大関一覧
大相撲掲示板 フリー投稿サイト


大相撲こんな事トップへ戻る