大相撲こんな事


北海道第1号大関・太刀光伝右ェ門の史跡資料を訪ねる。
 2006年夏に引き続き、北海道第1号大関・太刀光伝右ェ門の資料が故郷・三笠市は幾春別の市立博物館に残されているということから今回24年振りに三笠市は更に奥まった幾春別へと足を延ばしてみました。

 幾春別といえば炭鉱で栄えた町で今では人口もまばらで鉄道廃止から20年が経った今ではかつて炭鉱で栄えた街であった事を証明してくれるように思います。また、相撲からは離れますがあの美声で名を売ったバラードシンガー・倉橋ルイ子さんの生家も幾春別でありました。倉橋本人の名曲で故郷を語った1曲として「幾春別の詩」も今から約20年前にリリースされてます。

 かつてこの三笠市を走ってた鉄道「幌内線」の始発駅・岩見沢は2000年冬に深夜の漏電により当時の駅舎が全焼し仮駅舎でありますが近日新駅舎が完成するそうです。三笠市は岩見沢の隣町でありこの岩見沢も炭鉱近郊都市の中心都市としてかつて大きな役割を果たしてましたが最近では札幌近郊都市として新たなる挑戦で活性化を図っているように思います。

 この日は非常に吹雪の荒れ模様の天気でした。


岩見沢新駅舎は只今建設中。


岩見沢駅前です。かつての賑やかさを感じさせてくれます。


岩見沢ターミナル発、幾春別行です。


幾春別に到着です。かつてここに国鉄・幾春別駅がありました。 昭和62年7月に廃止されました。


旧幾春別駅前通です。24年前はまだ賑わいがありましたが今ではひっそりとしてます。 聳え立つのは旧奔別炭鉱です。


幾春別市街です。この日はイベントが行われてました。


神社へと向かう道です。


この道を真っ直ぐ行くと桂沢湖です。 かつてはこの桂沢湖も賑わいを見せて人家もかなりあったようです。


三笠市立博物館です。


三笠市の観光案内です。


ようやく到着です。これからが本題です。


大関太刀光の化粧回しです。


引退時の大関太刀光です。


桂沢エリアのサイクリングロードマップです。


この道を行くと桂沢湖へたどり着きます。 かつてこの道路を中央バス・桂沢ホテル行のバスが走ってましたが2004年に廃止されました。


旧奔別炭鉱です。


旧奔別炭鉱より先、奔別というかつての集落への道です。 この先に倉橋ルイ子さんの生家跡地があるそうです。


旧唐松駅です。 未だに駅舎が残ります。

旧唐松駅のプラットホームです。


 この三笠市は確かに炭鉱で栄えた町である事を証明されてますが、他にもスポーツ選手や多数の文化人も出ているそうです。隠れた名所もまだまだあるそうですし、私自身が24年前当時に訪ねた桂沢湖も次回行けたらと思うばかりです。

大相撲北海道発 太刀光伝右ェ門
明治以降大関一覧
大相撲掲示板 フリー投稿サイト


大相撲こんな事トップへ戻る