大相撲こんな事



増毛町岩尾出身の元幕内力士
 北海道は増毛町より更に南下、かつては陸の歩道の港町であった雄冬という1つの街があります。これは今から約20年前にこちらの国道231号線が整備されて全通し陸の歩道ではなくなりました。しかし非常にトンネルが多いエリアともいえます。この雄冬は温泉がある岩尾からかつて幕内力士が登場した事がありました。それは、約2mという長身で角界の「コンコルド」という愛称を持った「琴若央雄」という力士が居ました。本名は「香島春男」昭和46年名古屋場所初土俵、昭和52年九州場所新十両、昭和53年春場所新入幕と最高位は2枚目で幕内を12場所勤めましたが関節の怪我や持病により幕下まで陥落して昭和60年秋場所を最後に廃業し現在は留萌でちゃんこ料理店を経営しているそうです。

 私が訪れたのは2006年元旦の午前2:00でした。雄冬神社への初詣でしたが国道沿いで漁業の町であります。まさに港町です。この雄冬神社はこの日ライトアップされての初詣となり何十段という階段を上り丘の上に建つ神社であります。かつて大相撲王国と言われただけにあらゆる町から関取が出た事が証明されているように思います。この漁業の町もいまだかけがえのない存在である事が証明されます。

大相撲北海道発   琴若央雄
大相撲掲示板 フリー投稿サイト

大相撲こんな事トップへ戻る