大相撲こんな事


元関脇金剛・二所ノ関親方の故郷、深川市・旧一巳村を訪ねる 

 この度は、第48代横綱・大鵬、元関脇青葉城(現不知火親方)、元関脇麒麟児(現北陣親方)、元小結大徹(現湊川親方)と兄弟弟子であり、師匠である先々代二所ノ関(元大関佐賀ノ花)の娘婿である元関脇金剛の二所ノ関親方の故郷、深川市は旧一巳村を訪ねました。
中央バス 音江中学校前
 金剛の母校音江中学校前を降りました。かつて雨竜郡一巳村といいましたが後に深川市と合併される形となりました。
深川市立音江中学校
 金剛の母校音江中学校です。金剛は昭和23年11月に生まれ、音江中学校時代は野球で剛速球投手・4番打者として活躍し、北海高校から勧誘もされるも昭和38年の夏の巡業で横綱大鵬に憧れ力士を目指すようになり兄弟の反対を押し切り深川ハイヤーの社長の協力で二所の関部屋へ入門しました。
深川市立音江中学校校門
 音江中学校の校門です。金剛の在籍当時は不明ですが、当時野球部での活躍の痕跡と角界入りは永遠に刻まれるものと思います。
元関脇金剛・二所ノ関親方実家
 こちらは金剛の実家です。当時を遡ると半世紀以上も前の話であり、昭和39年夏場所に「大吉沢」として初土俵を踏み、翌名古屋場所では7戦全勝で序ノ口優勝、昭和44年夏場所には十両へ昇進し四股名も「金剛」へ改名、その後十両では昭和45年夏と名古屋で2場所連続優勝で同年秋場所に新入幕、そこからは憧れの横綱大鵬の横綱土俵入りの露払いを務め、大鵬が引退した後の昭和47年初場所では幕内雄一の7連勝を記録、同年名古屋場所では小結へ昇進し、この場所新横綱だった北の湖(現理事長)へ黒星を付けるなどとそこからは北の湖に3勝してます。そして昭和50年名古屋場所、北の湖から金星を奪うと当時の三役全員を制し13勝2敗で幕内最高優勝を果たすとそれまで思った事をすぐ口にすることから「ホラ吹き金剛」と呼ばれてたところ本人は優勝の瞬間に「ほら、ホラでなかっただろう」と口にしてます。
 そして二所ノ関継承問題の末、当時の二所ノ関親方(元大関・佐賀ノ花)が急逝白血病による死去に伴い、当時の二所ノ関親方の次女の婿となり二所ノ席部屋を継承し、後に離婚するも元小結大善(現富士ヶ根親方)を幕内へ育て現在に至ります。
 現二所ノ関は平成25年11月に停年退職を迎え、部屋の継承に付いては明らかにされてませんが金剛雄一の弟子、大善(現富士ヶ根親方)が有力と思われますが部屋の今後に注目されます。
 また、幕内力士の輩出、そして幕内最高優勝、一門の総師にまで上り詰めた人物の故郷は北海道では深川市が雄一と思われます。
取材日 平成24年10月7日
大相撲北海道発 金剛 正裕 
FACEBOOK
mixi足あとボード
大相撲掲示板


大相撲こんな事トップへ戻る