平成17年大相撲秋場所

2005年9月25日( 千秋楽
琴欧州も本割で千代大海に勝ち、朝青龍が栃東に腰砕けで勝ち琴欧州との優勝決定戦へ持ち込み、しかもエルボだからな。朝青龍キラー栃東の期待もあっけなく、でも琴欧州もよくねばったものだ。朝青龍史上2人目の6連覇達成。来場所は前人未到の7連覇更には年間完全制覇となる。また、琴欧州の大関取りも1つの期待、それも佐渡ヶ嶽部屋20年振りの大関ともなる。今場所は2連敗の中で稀勢の里に負けたのが痛く場所後の大関昇進が見送りとなり九州場所に掛けることとなる。他には稀勢の里の上位進出の活躍も1つの期待。また、十両の豊ノ島が幕の内の土俵で琴ノ若に勝ち14勝1敗と来場所の返り入幕を濃厚とした。更に魁皇が負ければ引退かという力士生命を掛ける場所になるだろう。まぁ若手ニューフェースの活躍も期待したい。
2005年9月24日(土) 14日目
十両の豊ノ島が把瑠都に敗れ十両全勝優勝ならず、また幕の内は琴欧州が稀勢の里に敗れ2敗、朝青龍は千代大海に勝ち2敗を守り優勝争いは2敗で朝青龍・琴欧州、3敗に稀勢の里に絞られる。今日の前半戦で安馬対時天空の一番で水入りとなり6分を超える勝負に安馬が勝ち越しを決めるという大一番があった。「引き分け」という結果もあるがこれはもう30年以上出てない。基本的に電光掲示板には両力士に勝ち星灯がつくことから定かではないが多分不戦勝のような扱いになるらしい。千秋楽は千代大海対琴欧州、朝青龍対栃東と朝青龍キラーの活躍が期待となる。確かに琴欧州の優勝と佐渡ヶ嶽部屋20年振りの大関誕生に期待したい。
2005年9月23日(金) 13日目
稀勢の里は旭天鵬に負けて3敗目、更に波乱大関陣は栃東も千代大海も勝ったものの注目の朝青龍対琴欧州である。琴欧州が朝青龍の上手を取って土俵際まで追い込んで有利と見たが横綱が阻止、琴欧州が横綱の前褌を取ろうとしたところを阻止、琴欧州の腰が砕ける形で横綱に軍配。琴欧州の13日目の優勝を阻止した。大関陣安泰のため優勝争いは1敗の琴欧州、2敗で朝青龍、3敗に稀勢の里と千代大海となった。また、東幕下5枚目の井筒部屋の鶴竜が5勝2敗で来場所の新十両が確実となった。井筒部屋からは久し振りの関取誕生となる。次の期待は錣山部屋からの関取誕生である。陸奥部屋と共に兄弟部屋の関取誕生も1つの期待である。1時は当時の二子山部屋と藤島部屋の先代若貴兄弟部屋対決もあったことだし。
2005年9月22日(木) 12日目
琴欧州の初優勝が見えてきた、北勝力に勝ち全勝を守る。角番を脱出した千代大海は栃東に勝ち朝青龍も2敗を守る。稀勢の里も2敗を守る。早くて13日目にも琴欧州の優勝が決まる。
2005年9月21日(水) 11日目
波乱あり、安美錦が朝青龍に土つける。琴欧州は全勝を守り佐渡ヶ嶽部屋20年振りの大関への大きな1勝、栃東は黒星。稀勢の里も2敗。千代大海は勝ち越しで角番脱出。朝青龍の6連覇はかなり厳しいだろう。稀勢の里の上位進出も夢ではない。
2005年9月20日(火) 10日目
横綱・大関陣安泰、琴欧州も全勝を守り稀勢の里も1敗を守る。千代大海も角番脱出まであと1勝。これからの星の潰し合いが楽しみ。朝青龍も栃東も琴欧州も稀勢の里も優勝戦線へと前進。
2005年9月19日(月) 9日目
琴ノ若対稀勢の里、年の差18歳は稀勢の里に軍配、1敗を守る。貴乃花を上回る最年少優勝も夢ではない。琴ノ若も現役危機と言われながらまだまだ現役だろう。学生出身の垣添も琴奨菊も琴光喜も白星。全勝の琴欧州も全勝を守る。佐渡ヶ嶽部屋から琴風(現尾車親方)以来の大関も夢ではない。千代大海も角番脱出へあと2勝と大きく前進。栃東も優勝に向かって連敗阻止の白星、朝青龍も1敗を守り旭襲山に勝つ。今場所も終盤は大混戦が予想されそう。
2005年9月18日( 8日目
栃東が高見盛に敗れる、気持ちの空回りか?朝青龍は岩木山に攻められながらようやく勝つ。千代大海は琴光喜に圧勝、角番脱出まであと3勝。稀勢の里も琴ノ若も琴欧州も白星。普天王は雅山に立会いが悪くまた負ける。
2005年9月17日(土) 7日目
高見盛は5敗目、普天王も琴光喜に連敗、稀勢の里も琴ノ若も琴欧州も白星。若の里が太もも肉離れで休場。千代大海は白鵬に負ける、しっかりせんかい、後4番で角番脱出。栃東も朝青龍も連勝街道。優勝更に横綱目指して頑張れ朝青龍キラー栃東。
2005年9月16日(金) 6日目
横綱・大関陣安泰、朝青龍は強いね。高見盛は4敗目、若の里にも土、琴欧州も琴光喜も琴風(現尾車親方)以来の佐渡ヶ嶽部屋の20年振りの大関に向かってほしいね。何故か番付運の悪さもあるし、稀勢の里も琴ノ若も絶好調だな。
2005年9月15日(木) 5日目
横綱・大関陣安泰、稀勢の里は負けた。千代大海も角番脱出に向けて大きく前進、栃東も優勝へ向けての大きな一歩である。誰だ次に朝青龍を倒すのは?
2005年9月14日(水) 4日目
稀勢の里も高見盛も負ける。琴ノ若も勝ってまだまだ現役か。魁皇は今日から休場で他、横綱・大関陣安泰。千代大海も角番脱出に向けて大きく前進、栃東も打倒朝青龍、更に優勝へ向けての大きな前進である。朝青龍を倒した普天王は黒星続きでどうしたというところ。
2005年9月13日(火) 3日目
栃東は勝ったものの魁皇が3連敗で休場。来場所は力士生命を掛けた場所になるだろう。やっぱ同期がみんな引退してる中での主役の座での活躍だからな。でも大関で5回の優勝は立派だが、横綱になれずに終わるとすれば惜しいと思うね。確かに引退も遠くないだろう。注目の高見盛は初白星。
2005年9月12日(月) 2日目
2日目も見せてくれたね。朝青龍ー黒海戦、先場所横綱負けてるからな、でも黒海もいい相撲取ったな。しかし大関陣総倒れ、しっかりせんかい。千代大海も大関守れよ。琴光喜も若の里も大関候補から抜けられない1員だろうし。でも高見盛は2連敗とさえないね。3日目は勝って欲しいね。
2005年9月11日( 初日
初日早々の大波乱、横綱朝青龍が新小結普天王に敗れるという土俵に座布団の嵐となる結びの1番。新朝青龍キラー誕生か?しかし大関陣は栃東は勝ったものの千代大海も魁皇もしっかりせんかい。でも早々に優勝争いが分からなくなりそうな予想?かな。
2005年9月10日(土) 前日
いよいよ、明日初日。琴欧州の活躍楽しみ、朝青龍6連覇か?大関の活躍も期待

戻る