初代

明石 志賀之助

本名

山内鹿之助

出身地

栃木県宇都宮市

横綱昇進 寛永元年
没年月日  
 宇都宮奥平家の藩士、山内主膳の子。手取りの技能派力士と語られている。人皇百八代後水尾院御宇、寛永元甲子年(1624)、東叡山開山の節、相撲人を召され、結びの神の緒をかけて地鎮をなす。家光公の御代なりとあるがその相撲人の1人が明石であったと語られる。その後の人生は諸国めぐり、長崎の西古川町に住み後進の指導に当たったと語られる。

歴代横綱一覧へ戻る