14代

境川 浪右衛門

所属部屋 境川部屋
本名 市川浪右衛門
生年月日 天保12年4月8日

出身地

千葉県市川市高谷

四股名改変 小西川→四方山→増位山→境川
所属部屋改変  
初土俵 安政4年11月場所序ノ口
新入幕 慶應 3年 4月場所
大関昇進 明治 3年 4月場所
横綱昇進 明治9年12月
最終場所 明治14年1月場所
幕内在位 28場所
幕内通算 118勝23敗71分5預63休
優勝 5回
身長 169cm
体重 128cm
得意手 左四つ、諸差し、腹櫓、吊り
年寄名 境川
没年月日 明治20年9月16日
 子供の頃は小西屋という酒屋に奉公する。後の大関境川にスカウトされて安政4年(1847)に力士となり、小西川として初土俵。後に小西屋で売ってた「四方」という酒に地なんだ四方山、姫路藩酒井家おかかえになると増位山から明治3年春に尾張藩におかかえ替えとなったのを機に境川となる。
 明治9年12月には京都五条家から横綱を許されるも、吉田家からの免許はなし。五条家横綱は弱い力士ばかりだが、境川の場合は二十三世追風・吉田善門が西南戦争の際に西郷隆盛に組したため東京相撲会所と絶縁状態になったことから文句なしとなり明治10年2月に承認と正式に横綱と認められた。相手の呼吸で立ち上がり一方で引っ張り込み、押し出されるだけ押し出し降り回す腹やぐらを得意とした。

歴代横綱一覧へ戻る