6代

阿武松 緑之助

所属部屋

雷部屋

本名 佐々木常吉
生年月日 寛政3年

出身地

石川県鳳珠郡能登町七見

四股名改変 小車→小緑→小柳→阿武松
所属部屋改変 武隈→雷部屋
初土俵 文化12年3月新序
新入幕 文政 5年10月
横綱昇進 文政11年2月
最終場所 天保6年10月場所
幕内在位 26場所
幕内通算 142勝31敗24分8預1無37休

勝率

0.821

優勝 5回
身長 178cm
体重 135kg
得意手 寄り
年寄名 阿武松
没年月日 嘉永4年12月29日
 小野川引退以来33年振りに誕生した横綱。貧しい馬子から、江戸へ出てコンニャク屋の下男を務めた後、武隈に入門し分化12年(1815)初土俵。何度か四股名を変えて入幕後は長州藩毛利家おかかえとなり、大関昇進後、藩主の命により長州萩東北方の名勝・阿武松と改名。色白のアンコ型で力を入れると体に赤みがさし錦絵のようだと言われたそうだ。女性からの人気も高かった。

歴代横綱一覧へ戻る