24代

鳳 谷五郎

所属部屋 宮城野部屋
本名 滝田明
生年月日 明治20年4月3日

出身地

千葉県印西市大森

四股名改変 大鳥→鳳
所属部屋改変  
初土俵 明治36年5月場所
十両昇進 明治41年5月場所
新入幕 明治42年1月場所
大関昇進 大正2年春場所
横綱昇進 大正4年2月
最終場所 大正9年5月場所
幕内在位 24場所
幕内通算 108勝49敗15分預68休
勝率 0.668
優勝 2回
身長 174cm
体重 113kg
得意手 掛け投げ、掬い投げ、小手投げ
年寄名 宮城野
没年月日 昭和31年11月16日
 相撲狂の父親の影響から子供の頃から相撲好きであり、鳳凰(後の宮城野)のもとへ入門。検査を受けるも当時の16貫(60キロ)の入門規定に達せず3度の不合格の末ようやく合格し入門。明治40年5月に師匠がなくなり小相撲へ回され連日50キロ以上歩かされ木賃宿に泊められた経験から闘志が沸き大関へ昇進し柔らかく強い足腰を生かし突き押しで土俵狭しと暴れまくり四つになっても掛け投げを2度3度と連発するけんけんを得意とし女性ファンから圧倒的な人気を集めた美男力士。大正4年春場所に10戦全勝で優勝し横綱へ昇進するも受け身の相撲を試みて振るわず綱の重圧にも潰されて大正8年夏場所には皆勤で負け越している。
 引退後は宮城野を襲名し検査役、理事を務めた。

歴代横綱一覧へ戻る