18代

大砲 万右衛門

所属部屋

尾車部屋

本名 角張萬治
生年月日 明治2年11月28日

出身地

宮城県白石市大鷹沢三沢唐竹

四股名改変 三沢滝→大砲
所属部屋改変  
初土俵 明治20年1月場所序ノ口
十両昇進 明治25年 1月場所
新入幕 明治25年 6月場所
大関昇進 明治32年 5月場所
横綱昇進 明治34年4月
最終場所 明治41年1月場所
幕内在位 32場所
幕内通算 98勝29敗51分4預138休
優勝 2回
身長 194cm
体重 132kg
得意手 右四つ、寄り、突っ張り、叩き
年寄名 待乳山
没年月日 大正3年10月22日
 後年の出羽ヶ嶽に似て、当時の日本人としては長身で顔も大きく不器用な取り口で三沢滝の四股名で初土俵を踏みながら出世できず明治19年夏に師匠の尾車が勧進元となり出世した。
 明治25年夏場所に入幕し、30年頃から健康の回復と共に大樹晩成振りを発揮して横綱へ昇進。その後日露戦争で志願兵となり復帰後は体も弱り消極的となり38年夏3日目に新入幕の若佐倉に負けて以降、引退までの成績は2勝1敗25分と40年夏は9日間全て引き分けとなり横綱ではなく「分け綱」とあだ名となる。
 引退後は検査役を務めた。

歴代横綱一覧へ戻る