2代

丸山権太左衛門

所属部屋

京都・七ツ森

本名 芳賀銀太夫
生年月日 正徳3年

出身地

宮城県登米郡

初土俵 元文
横綱昇進 寛延2年
最終場所 寛延2年11月14日
身長 197cm
体重 170kg
没年月日 寛延2年11月14日(現役中)
 名人七ツ森の弟子となり、稽古熱心もあって亨保末に大関となり寛延2年までの15年間に大関から下がらず江戸で阿蘇ヶ嶽、大阪で相引に1度づつ負けただけだった。怪力も多く語られ大竹を手でねじ切ったり腰に縄を巻いて5・6人で引っ張りながら引きずって歩くなどが語られる。
 寛延2年8月に熊本で吉田司家から横綱へ推挙されたがその年の10月に長崎で巡業中に疫病にかかって36歳でこの世を去った。

歴代横綱一覧へ戻る