17代

小錦 八十吉

所属部屋

高砂部屋

本名 岩井八十吉
生年月日 慶応2年10月15日

出身地

千葉県山武郡横芝光町横芝

四股名改変  
所属部屋改変  
初土俵 明治16年5月場所序ノ口
十両昇進 明治21年 1月場所
新入幕 明治21年 5月場所
大関昇進 明治23年 5月場所
横綱昇進 明治29年3月
最終場所 明治34年1月場所
幕内在位 26場所
幕内通算 119勝24敗9分7預101休
優勝 7回
身長 167cm
体重 120kg
得意手 突っ張り、押し
年寄名 二十山
没年月日 大正3年10月22日
 元祖・小錦八十吉は短身で色白。大鵬に似た美男の人気者であったという。
 実家は旅館を経営する津軽出身の父親は土地相撲の大関。その父に明治13年に無理に高砂部屋へ入門させられるも一時帰郷。16年に再入門からは順調に出世。21年夏に入幕後は6場所負け知らずで39連勝。十両時代を含めると41連勝となる。29歳で横綱へ昇進し当時史上初の20代の横綱となる。
 横綱昇進後は失速し荒岩や梅ノ谷に勝てなくなる。7回の優勝は全て大関までで横綱としては1度も優勝がなく終わる。34年春に引退後は二十山を襲名し検査役を務め45年春に取締となった。

歴代横綱一覧へ戻る