71代
 鶴竜 力三郎
所属部屋 井筒部屋 
本名 マンガラジャラブ・アナンダ 
生年月日 昭和60年8月10日 

出身地

 モンゴル・ウランバートル市
四股名改変  
所属部屋改変  
初土俵 平成13年11月場所 
十両昇進  平成17年11月場所
新入幕  平成18年11月場所
大関昇進 平成24年5月場所 
 横綱昇進 平成26年3月 
最終場所  
幕内在位  69場所(平成30年5月場所現在)
幕内通算 578勝358敗99休(平成30年5月場所現在) 
勝率  0.618(平成30年5月場所現在)
優勝 5回 
三賞  殊勲賞2回、技能賞7回
身長  186cm
体重 152.5kg 
得意手  突っ張り、右四つ、下手投げ
年寄名  
没年月日  
 モンゴル出身の力士としては珍しく、モンゴル相撲の経験が無く、少年時代はバスケットボール、レスリングにも励む。
 当時モンゴル国内で日本の大相撲中継の視聴率90%を超え、旭襲山や旭天鵬に憧れ花籠部屋の選考会に参加するも1度は不合格となるが諦め切れず、雑誌・グラフNHKの広告で相撲愛好会の存在を知り、父が勤務する大学の同僚を通して井筒部屋への入門と至る。
 初土俵以来、体重にはなかなか恵まれなかったものの苦しんだ中で関取の座をつかみ、幕内上位へ進出すると大関キラーとして貢献し、稀勢の里ら若手の奮闘の中で平成23年9月場所には琴奨菊とともに大関取りへ挑むも1度は琴奨菊に先を越されるが、それでもめげずに2桁勝利を守り平成24年3月場所は大関霧島(現陸奥親方)以来、井筒部屋20年振りの優勝かと思いきや横綱白鵬との優勝決定戦に敗れ初優勝を逸したが場所後、3場所の勝ち星が33勝と満場一致で大関昇進、大関昇進伝達式では「お客様に喜んでもらえる相撲を取れるよう、努力します」と口上を述べた。
 平成26年初場所では白鵬を追う形で優勝戦線に入り千秋楽本割結びの一番では横綱白鵬を制し優勝決定戦に持ち込まれるも破れはしたが翌春場所では初の綱取りに見事成功。モンゴル人4人目、井筒部屋からは3代目西ノ海以来83年振り。平成27年秋場所は2人の横綱が休場する中で1人横綱の重責を果たし、横綱初優勝を果たした。
平成26年春場所鶴竜初優勝
平成26年九州場所vs逸ノ城

平成27年秋場所vs照ノ富士 横綱初優勝

歴代横綱一覧へ戻る