19代

常陸山 谷右衛門

所属部屋

出羽海部屋

本名 市毛谷右衛門
生年月日 明治7年1月19日

出身地

茨城県水戸市城東

四股名改変 御西山→常陸山
所属部屋改変 入間川→出羽ノ海→名古屋・三ツ湊→大阪・中村→出羽ノ海
初土俵 明治25年6月場所序ノ口
十両昇進 明治31年5月場所
新入幕 明治32年1月場所
大関昇進 明治34年 5月場所
横綱昇進 明治36年6月
最終場所 大正3年6月場所
幕内在位 32場所
幕内通算 150勝15敗24分預131休
勝率 0.909
優勝 1回
身長 174cm
体重 146kg
得意手 泉川、つり出し
年寄名 出羽ノ海
没年月日 大正11年6月19日
 角聖と呼ばれる。相手の当たりを全て受け止めていいように取らせた挙句。泉川にためて降りまわす。突き放す。四つに組めば難なくつり出した。祖父母の代から三代続いた由著ある武家の出身。若い頃から225キロの岩を担ぐ怪力であった。5代目常陸山の出羽海に入門して6代目常陸山を襲名。一時脱走して名古屋相撲、大坂相撲へ移った時期もあったが帰参位後は大横綱への道へ進む。
 引退後は大錦、栃木山、常ノ花らを初め34人の幕内を育成し出羽海部屋を大部屋とし筆頭取締に就任した。

歴代横綱一覧へ戻る