35代

双葉山 定次

所属部屋

双葉山道場

本名 穐吉定次
生年月日 明治45年2月9日

出身地

大分県宇佐市下庄

四股名改変 二葉山→双葉山→二葉山→双葉山
所属部屋改変 立浪→双葉山道場
初土俵 昭和2年3月場所
十両昇進 昭和6年5月場所
新入幕 昭和7年2月場所
大関昇進 昭和12年1月場所
横綱昇進 昭和12年5月
最終場所 昭和20年11月場所
幕内在位 31場所
幕内通算 276勝68敗1分33休
勝率 0.802
優勝 12回
身長 179cm
体重 128kg
得意手 右四つ、上手投げ
年寄名 双葉山(二枚鑑札)→時津風
没年月日 昭和43年12月16日
 前人未到の69連勝は今だ破られてない年2場所時代の大横綱の功績。昭和11年春場所7日目に瓊ノ浦(のち両国)に勝って東3枚目から横綱まで連勝街道を走り14年1月場所4日目に安藝ノ海に負けるまでの土付かずとなる。この場所は4敗を喫したが翌場所立ち直り全勝優勝を果たすも翌年15年夏場所11日目までに4敗を喫した時は「信念の歯車が狂った」と途中休場し福岡県の山中の「妙音の滝」に打たれて精神修行を努めた。その後17年春から4連覇と18年は30連勝を記録してる。
 既に現役時代に立浪部屋から独立して双葉山道場を興して弟子を育てるも引退後は時津風部屋として横綱・鏡里、大関・大内山、北葉山、豊山(元理事長)を育て22年から理事、25年から取締として32年に常ノ花に代わり理事長に就任し協会の改革と近代化に貢献したのは大きい。 また、双葉山につきましては
大相撲こんな事でも故郷につきましてアップしてますのでご覧下さい。
 双葉山69連勝

歴代横綱一覧へ戻る